oN My wAy

いつも道の途中です……

退職代行のメリット・デメリット

退職代行って実際どうなの??

 

辞めたいんだけどなかなか言い出せない・・・

 

そこで、

実際過去、4度ほど利用したことがある、

超絶リピーターな私だからこそ言える、

退職代行利用時のメリット・デメリット!!

と、実際利用してみた際の感想なんかを、掻い摘んでお知らせ致します。

f:id:terashimaru117:20210915075408j:plain

 

退職代行のメリット

  • 辞めるきっかけを作れる
  • 上手くいけば全てのことを後は他人(業者)がやってくれる。
  • その後の事が気になる人は、なるべく最短で辞められる。
  • かなり最小限に自分が傷付かなくて済む。
  • 業者を雇って辞める手順を踏まえている為、相手側にもこちらの意志が間接的にでも伝わりやすい。
  • またその事から、お互いに次のステップを早く踏める。(会社は人材を新たに探し、あなたは後ろ髪を引かれる事なく、さっさと次の段階に踏める。)
  • 頼んだ時点でほぼ確実に辞められる。(これが1番でかい)

 

退職代行のデメリット

  • 退職代行に『会社から電話を一切して来ないよう伝えてくれ』と言っても、問答無用で向こうから電話掛けてくる。(しかも全く登録していないノーマークの番号から掛けて来るので、これを完全に断ち切るのは予め暫く携帯の電源を切っておくか、最悪解約して新規契約を申し込むしかない。)
  • 下手すると家凸されそうで恐い。(特に家が近い場合)
  • 一切合切終わるまでなんだかんだ言うてちょっと心がザワザワする。
  • 言うてほんの少し罪悪感があってそれが拭えない。
  • 退職代行を利用して辞めると、次に何かあっても改めて顔を出しづらい。(99%普通はないけどね。自分の場合は国家資格に必要な書類で、どうしても在籍期間証明が必要で、3年越しぐらいに顔を出しに行った。ただその際既に過去の上司とか責任者、問題のあった同僚等が、ほっとんど既に辞めているか、定年を迎えて退職しているか、移動してそこに居なくなっていた。ので、あんまり自分には関係なかった。もう自分は歴とした『過去の人間』だったね。)

ちなみに、退職代行を利用して辞めたとしても、法的にはいっさい問題無し

例えバックれても法律上は労働者に労働をする上での自由を明記しているので…

特に問題はありません。

バイトなんかは特にバックれても大丈夫です。正社員とは違うので。

 

私が実際に利用した退職代行業者

www.taishokudaikou.com

yamerundesu.com

www.adire-roudou.jp

saraba.taisyokudaikou.com

各社の料金比較などは↓↓↓ら辺を見れば一目瞭然。

entrenet.jp

ぶっちゃけどれも大差はない。

多少金額の差はあっても、受けるサービス自身に、そこまでの差はありません。

 

まずいきなり結論から。

仮にもし口頭で言い辛かったとしても…上の人間のメールアドレスやLINEの連絡先を知っていればOK

口頭で言いづらい場合はメールなんかの文章でちゃっちゃと済ませましょう。

(もちろん誠心誠意でね。)

そうすればわざわざ退職代行に高い金払って辞める必要もありません。

ちなみに退職代行を利用せずに辞めた方が、当たり前ですが気持ちがさっぱりしている為、

次の機会に何かあった際に、その会社にひょっこり顔を出しやすいです。

(自分は国家資格に必要な書類を、昔退職代行を利用してバックれた会社に、どうしても再発行して貰わなければいけなかった為、数年後に事前に電話した後、再度お邪魔したことがあります。…が、数年も月日が経つと、もうぶっちゃけお互いどうでも良くって、わだかまりとかは特にありませんでした。ただうまい棒50本入りのパーティーグッズとジュースとかお茶とかの差し入れは、当時のお詫びとして持って行きました。(ジョークで。)

↑↑↑こう云うの。

 

なので、極力退職代行を利用せずに済むのであれば、当たり前ですが、

利用しない方が良いです。利用しないに越した事はありません。

 

ただし、『使えば少しでも気が楽になる』場合は迷わず使ってしまってOKかと思います。

高くても2〜3万で済みますし、それで少しでも救われるのであれば、儲けものです。

 

どういった場合に利用するのか?

これは単純に…

  • メンタルが弱ってる時
  • どうしても当日バックれしたい時
  • 引き止めがマジで半端ない時。
  • 上司のパワハラが怖く、結局言い出せず、言い出したとしても丸め込まれてしまう時。(おう、辞めんなよ。もっかい考え直せよ…な?みたいな時です。)
  • 逆に職場の皆んなと仲が良すぎて、言うに言い出せない時。

です。

あとは、なんかもう全てが嫌になった時とかです。

 

『あぁ!!もう無理!!もう辞めてぇ!!!』てな感情やタイミングはある日突然来るものなので、来たら『…来ちゃった☆テヘ』ぐらいの感覚で構えましょう。

 

バックレについて

ちなみにマジで嫌ならバックレましょう。

正社員もなんも関係ありません。退職代行利用するのがそれでも癪に触るのであれば、

別に使う必要もありません。

バックレて罪になることはありません。

恐いのは取り敢えず自宅に上司とかがやって来かねない…ってのだけです。

これがどうしても嫌なら…退職代行を使いましょう。

ただ、バックレた後に遅出しで退職代行を利用する…のは充分ありかと思います。

そしたら後はだいたい代行業者に任せておけば大丈夫だからです。

また仮にもし自宅凸されても、居留守を使っておけば大丈夫です。嫌なら布団を被って隠れていれば無問題です。ちなみに理解のない両親とかは平気で裏切ってくるので、その場合は友達の家に避難させてもらうか、格安のビジネスホテルにでも暫く泊まって、旅行気分を味わいましょう。(実際旅行行っちゃうのも全然ありです。)

 

バックレる際の注意点

また、極論から言うと…退職代行を利用した方が、完全にバックレてしまうよりは、

会社側がその事実をより早く把握できる為、実はお互いにとってWin-Winです。

 

また、もしバックレたり、退職代行業者を利用するにあたり、

『もう今日から絶対会社に行かねえ!!!』って覚悟でいる人は、下記の点だけは必ず注意しましょう。

 

  • 会社に私物(忘れ物)を絶対に残しておかない。

です。

 

 

これだけは絶対に注意しておかなければいけません。

私はやりました。

別に忘れて良いもの諦められるものであれば別に放ったらかしておいて大丈夫です。

あなたが諦められるのであれば。

 

ただ私の場合は、『財布』を忘れてしまった為、最終的に上司と喫茶店で待ち合わせて持って来させました。(免許証とか保険証とか、クレカとか…再発行する手も考えていたのですが…なんかそれも面倒臭いし『持ってきて』と、謝りつつも持って来て貰ったのでした。あと財布の中に2万ぐらい入っていた為、諦めるに諦めきれませんでした。)

 

事前準備はしっかりしておきましょう。

ロッカーの中を空にしておく位がちょうど良いです。

 

同僚に連絡がつく場合は、同僚に頼む。

また他に、同僚なんかに連絡がつく場合は、

『オレ辞めるって伝えといて〜ぇ』と言ってそこから完全に全ての連絡先をシャットダウンしてしまえばそれで済みます。

ただ、そうすると雇用保険の関係や、社会保険の関係など…

その他の名義上の手続きなんかが、いっさい滞ってしまい…

結局自分自身の首を絞めかねない為、やはり出来れば

『もう今日から行く気ないから、さっさと退職に必要な書類関係をこっちに送って下さ〜い☆自宅に凸したら◯しますよ♫ぐらいは簡単に相手に伝えても良い気がします。その方がなんだかんだ、次のステップが踏みやすいです。

 

ちなみに辞めた後に会社の人間とバッタリ道で出くわす確率は、

凡そ90%以上の確率でありません。

1回、焼肉屋で昔の女上司が友達と飯食っているのを見かけた事がありますが、

特に何もありませんでした。向こうが気付いているかどうかも不明。知る由もない。

 

では、そこまでいうのであれば、実際どういう人が使うのか?

ですが、これは前述した通り…

  • こんな簡単な事が言えない程、気の弱い人。
  • 根が真面目な人。
  • メンタルがボロってる人。
  • 豆腐メンタルの人。
  • なんかもう全部めんどくさい人。
  • あとややこしい事一切は他人に任せたい人。
  • もう自分が傷付くのは嫌な人。
  • 会社に信頼できる人間が一人もいな人。
  • 『会社』について少しでも考えるのが嫌な人。
  • 上司がパワハラしてきたり、イジメられていたりで、正直な気持ちを言うのが恐い人。
  • 直接言いに行くと同調圧力かなんかで丸め込まれそうな人。
  • 上司の引き留めがとにかくウザい人。(自分は特にこれの経験あり。とにかくしつっっこい。
  • 上司が全く聞く耳を持ってくれない人。(引き止めがウザい上司とほぼ同位。大体この手のタイプは話すだけ無駄。相手の意見とかどうでも良くて、実は自分の意見だけを通したいクソッタレが多いから。話しを聞いたらダメだよ。)

以上、このあたりでお困りの人が有り難く使いましょう☆

 

辞めるタイミングについて

自分の場合はシフト制だったので、特に土日とか平日・祝祭日は仕事上関係なかった。

なので、なるべく次の出勤までに、ある程度猶予があるタイミングで、バックレていた。

というか辞める意思を早めに上司に伝えるか(メールかLINE)引き留めがあまりにもウザい時は、最終手段として代行業者を使っていた。

サラリーマンの場合は分かりません。自分で考えて下さい。

あまり深く考えず、思ったまま行動する方が得だし、案外うまく行くと思います。

 

最後に

最後にこれだけは言っておきます……

結局どのような形で辞めたのであれ、辞めた後は大抵悪口や不平不満を叩かれるものですが、

正直辞めた後の事は自分の人生とは全く関係のない事なので、

気にしないで下さい。

てか関係がありません。

暫くすると、あなたは『過去の人』になり、

大方全ての人の記憶から抹消される為その分心を強く生きて下さい。

前向きに生きてりゃ良んだよ。

 

さっさと次の職場で精一杯努力して働いていた方が、全ての人にとってプラスです。(もちろんあなた自身も)

今を精一杯頑張って生きていると、嫌なことなどすぐにどっかに飛んでいきます。

人間の脳なんてのは常に都合良く、上手く出来ているものなんです。

 

以上、退職代行を利用した私だからこそ言える、

退職代行のメリットとデメリット…それとそこから来る感想でした。

1回試しに使ってみるのも面白いよ。

個人的に会社は、辞める時より入る時の方が

ただし海外(特に米国)とかだと、絶対流行らない文化だろぉなぁ〜…

絶対平気でバックれそう。しかもその後平気で給料とか貰いに行きそう。

(ちなみにお隣韓国でも需要あるみたい。似てんだろうね。日本と。)

 

www.youtube.com

 

悩んでいる時は、こう云う特にメンタルの強い成功者の意見を聞くと、非常に分かり易い。

 

www.youtube.com

 

あといくらか救われる…

是非参考にしてみて下さい。

最終的に行動を起こすのは貴方です。