oN My wAy

いつも道の途中です……

ホロライブの所属タレントさんにJ-WAVEのパーソナリティーとかやって欲しい。

宝鐘マリンとかそのポテンシャルあると思うんだけど。

f:id:terashimaru117:20210906044936p:plain

www.hololive.tv

YouTubeでホロライブの配信とか見たり聞いたりしてると、

ライバーさんの中でこの人なら別媒体のメディア露出も夢じゃない気がするな。

と思う人がいる。

ただそれはあくまで『声』での仕事かなぁ。。

 

見た目はそれこそ公にされてないから確かに分からないんだけど。。。

ホロライブのブイチューバーの所属タレントとして活動している以上、

枠組みとしては声優さんとかと似ているだろう。

 

ただ声優は己の声で何千何百というキャラクターや俳優たちを、それぞれ演じ切るのに対して、Vtuberというのはあくまで己のキャラクターは1人という印象が強い。

 

だから視聴者としては画面に映るキャラクターと、演じている(中の人?)を同一視する傾向が強いし、それに関しては実はライバーさん本人も同じなのではないだろうか。

 

例えば始めの内こそ『自分』と割り当てられた『キャラクター』と云うのが、結構ちゃんと別々に存在しているのだとしても、配信するたびにスイッチが入れ替わり、自分がそのキャラの中に入って、声を担当する。それどころか最近では動きまでシンクロしている。

 

『自分の声』と言うよりは、『そのキャラクターの声』と言う役割を果たす。

発言はあくまで本人であり、キャクターそのものの発言なのだ。

すると今度は良い具合にキャラと元あった自分が溶け出していって、

段々とその境目が無くなっていく。

 

すると『自分も自分』だし、『キャラクターも自分』となっていく。

シンクロニシティってやつだな。

 

よく漫画家さんとかが、

『このキャラクターはこんなこと言わない』とか、

『このキャラならこう言うだろう』とか、

『こいつならこう考えるはず』

『こう動くはず』ってのを頭の中でインスピレーションしていくそうなのであるが、

これが時が経つと、

『キャラが勝手に動き出す』って現象になるらしい。

 

こち亀の両津勘吉が正にその良い例だ。

作者さんの秋元治先生が毎日放送のテレビ番組、

情熱大陸で語っていた。

 

『もう自分が考えている先より両さんが勝手に喋り出すんだよね。』

 

とのこと。

多分もうひとつの『自我』なんだろうと思う。

アデンティティーとも言うんだろうか。

秋元先生いわく、

『自分だと上手く言えなけど、両さんだともっとスッと答えを出したりする。』

と言うようなことも仰っていたけど、、、

多分本当にそうなんだと思う。

 

本来誰しもの心の中に、ああ言った両さんみたいな強いキャラクターがちゃんと潜んでいるのかも知れない。

 

この感覚はVtuberのタレントさんなんかにも、きっと起こりうる現象だ。

 

プロ意識が高ければ高いほどこの傾向は強くなるし、

1度スイッチが入ると『自分はこの役を演じ切る』ってモードがバッチリ入って、いつしかなり切れるタイプの人もいるだろう。

 

個人的には白上フブキなんかがこのタイプだと思う。

f:id:terashimaru117:20210906051723p:plain

www.hololive.tv

多分この人頭が良く、良く回り、努力家の勤勉タイプではなかろうか。

案外負けず嫌いかもね。

プライドが高いってことは当然ポリシーもある。

 

ちなみに声優さんだと有名な話で、

ガンダムのシャアの声優さん池田秀一さんなんかが、シャア役の俳優さんとして舞台挨拶やインタビューを受ける際には必ず、

『シャアとしての自分を全うして演じ切るように努めた』と話していた。

ja.wikipedia.org

 

まあ要は『媚びない』『へつらわない』『軽口を叩かない』『孤高である』みたいな感じだろうか。

カッコ悪くないんだよ。シャアだもん。

 

またハリウッドスターの例なんかで言えば、

クリストファー・ノーランが監督したバットマン、

『ダークナイト』ジョーカー役を演じた

ヒース・レジャーなんか演じ切り過ぎ……なり切るどころか没頭して入り込み過ぎた故に死んでしまった。

f:id:terashimaru117:20210906052956j:plain

www.amazon.co.jp

あの撮影の後に『Dr.パルナサスの鏡』があるんだけど、

見ればわかる。

ちょっとジョーカー残ってるんだよね。。。笑

ヒースの中に。

 

まあ勿論ここまで演じろ。

とは言わんけどさ、女の子だし。

 

ただ単純に、特にブイチューバーの中でも船長は喋りの仕事と言うか、

トークの仕事が向いている気がする。シンプルにセンスあるし、あとナチュラルに声質が良い。

朝にあのテンションであの声聞いたら一気に目が覚めて元氣になるね。

車の中とか特に。

 

あとラジオパーソナリティを務めるとして地味に人気が出るとしたら、

夜め雪花ラミィ

f:id:terashimaru117:20210906053642p:plain

www.hololive.tv

多分深夜枠団長かな。

f:id:terashimaru117:20210906053717p:plain

www.hololive.tv

 

ただそれでも1番『声の仕事』が合っているのは、

宝鐘マリン一択だと思う。

多分元々中の人の性格、気質もタレントさん向きと言うか、サービス精神強いし、水商売気質なんだと思う。

あとちゃんとトークデッキ引き出しの内容が一般受けするものを沢山持っているんだよね。

下ネタに強いのはぶっちゃけ武器だね。

ただちょっとラジオパーソナリティでも暴走しそうで怖い。。。笑

 

でも聞いてみたいなぁ。。

宝鐘マリンのJ-WAVE。

おはようマリン。みたいな感じで。

 

また、先に述べた白上フブキなんかは、ラジオはあんま向いてない気がする。

『ラジオドラマ』ならいける気がする。

結構真面目な性格っぽいから、船長みたいにズバンと突き抜けた威力を見せ辛い気がするんだよね。

 

自分は他にさくらみこなんかが面白くて好きなんだけど、

あの人はあのキャラが強過ぎてダメな気がする笑

どうしても『みこち』になっちゃいそう。

 

と言うことで、いつか車を運転していたら、

ラジオから船長の声が聞こえてきた。。。なんてことになれば、嬉しいのになぁ。。。

なんて思う今日この頃でした。ワクワクするよね。

 

p.s. 案外トワ様とかも合うかもね。

かなたんとかも面白いんだけど。